パスポートとビザ

 

海外出張に行ったことがありますか?出張は旅行とは違うので、きちんと準備をしていかなければ、もしもの時に仕事が滞ってしまう可能性があります。ここでは海外出張が決まったら、どのような準備をすればよいのか紹介します。まず海外に行くために必ず必要なのはパスポートです。持っていれば問題ありませんが、新たに取得する場合は時間がかかるので、海外出張が決定したらすぐに手続きを始めなければいけません。

パスポートの申請に必要な書類は申請する日から6ヶ月以内に発行された戸籍謄本または戸籍抄本と住民票の写し、規定のサイズに撮影した顔写真、官製はがき、運転免許証などの本人確認書類です。これらを持って、都道府県のパスポート申請窓口へ行き、申請書類を記入、提出します。申請から発行までにおよそ1~2週間ほどかかります。パスポートを受け取る際には自宅に届いたはがきと申請の際に持ち帰った受理票に収入印紙を貼ったものを持参します。

都道府県によっては土日も申請できる窓口が設置されていることもありますので、調べてみましょう。また、ビザは1~2週間の短期出張であれば観光旅行と同じようにビザがなくても入国できたり、観光ビザを利用できたりする国がほとんどですが、一部の国では業務・商用等のビザが必要なこともありますので、出張先の国の在日本大使館や領事館のホームページを見たり、電話で問い合わせて確認してみましょう。もしビザをとらなければいけない場合、観光ビザより厳しい審査があり取得に時間がかかるため、早めに準備に取り掛かる必要があります。

~特集~
海外出張が決まり持ち家を第三者に貸出したい時に役立つリロケーション会社への一括見積サイトです ⇒⇒⇒ リロケーション会社

Copyright © 2014 海外出張の準備 All Rights Reserved.